ナースフルの体験談

実際に転職にナースフルを利用したという方の体験談をチェックしてみましょう。もともとは病院勤務をしていたものの、結婚・出産を機に退職したという女性看護師の場合です。子育てが落ち着いてから週3回程度クリニック勤務をしていたものの、旦那さんの会社の業績不振や、子どものお世話をお願いしていた両親が、体調を崩してしまったということもあり、収入を増やす必要性、子どもを他に預ける所を探す必要性などが出てきました。そこで、ナースフルに登録して転職先を探したのですが、まず子どもの件で条件の良い職場は難しいと思っていたのに、院内託児所がある総合病院を紹介してもらい、無事に転職することが出来ました。夜勤などもあるので収入としてはかなり良いものですし、院内託児所は24時間対応で、病児保育もしてくれるので良かったです。実はいろいろ他の職場も紹介してくれていたのですが、その際も子供の預け先や、収入面、そして主婦でもある私の家事に関する心配などもしてくれて、いろいろな面で気を配ってくださいました。結果的に最も条件が良いと思っていた職場より、今の職場を選んだのですが、この時にも条件面などをしっかり交渉してくれたんですよ。実はこの交渉で、条件が良かった別の職場よりも、希望に合う条件になりました。

復職するなら、まずは最低限の知識を!

ブランクを抱えている人で復職したいと考えている看護師さんも多い中、不安も多くあると思います。

成功している人もいれば、失敗している人もいます。

 

体験談を聞くことは大きな励ましとなります。

ただし、失敗している人の体験談よりも成功している人の体験談を聞く方が勇気が出て良いと思います。

Read the rest of this entry »

給料アップと薬剤師の転職

お給料アップを目指して薬剤師転職希望の方も多数派なのではないでしょうか。

薬剤師転職によって給料がアップすることもあるでしょう。ただ、給料がダウンしてしまう可能性はいつも付きまとうことを十分考えておきましょう。

お給料を増やすためには、落ち着いて報酬の高い仕事を探すことがどれだけできるかが重要となります。どのような薬剤師転職する理由がふさわしいかというと、まず、本気で薬剤師転職したくなった理由を思い出してください。正直に話すわけではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。

そして、それがネガティブに受け取られないように表現の仕方を変えてみてください。薬剤師転職することに至った経緯が長くなると自分を正当化しているように聞こえてしまうので、簡潔にしましょう。

薬剤師転職を考えた場合、まずは一番身近な家族に相談を持ちかける方がほとんどでしょう。

家庭を持つ方でしたら、家族に相談せずに薬剤師転職をしてしまうことは止めた方が無難です。

家族に断りなく、職を変わってしまったら、それが原因で離婚になることもあります。

薬剤師転職を思い立ってから、仕事をじっくり探すには、それだけ時間が掛かってしまうものです。

仕事しながら次の就職先を探すとなると、薬剤師転職の Read the rest of this entry »

主婦が薬剤師になるには

面接の場では、身だしなみにはくれぐれも気をつけておきましょう。

清潔感のある装いで面接に挑むことが重要な点です。

緊張することと思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、面接の準備をしておいてください。 Read the rest of this entry »

薬局に転職したい

異なる業種に薬剤師の転職するのは困難であるという印象が強いですが、実際にはどうなのでしょうか?結論から言うなら、違う業種に薬剤師の転職するのは難しいものです。

経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。しかしながら、絶対に無理というわけではないため、努力の程度によっては違う業種の会社に就職できることもあります。

余裕のない状況で薬剤師の転職活動をしてしまうと、目先のことにとらわれて、労働条件が悪くても採用されそうな仕事を選びがちです。

その結果として、これまでの仕事よりも年収が低くなることも多いです。

これでは、何のために薬剤師の転職したのか、わからなくなってしまうかもしれません。

収入的にも満足できる薬剤師の転職を目指すのなら、腰をすえて仕事を探さないといけません。薬剤師の転職の理由が年収アップだという方も多数を占めていると思います。

確かに仕事を変わることでお給料が増えることもあると思います。

けれど、年収が逆に落ちてしまうリスクもあるということを十分理解しておく必要があります。

お給料を増やすためには、落ち着いて報酬の高い仕事を探すことがどれだけできるかが大切なカギとなります。

薬剤師の転職する理由は、書類選考や面接においてとても大切です。

相手に納得してもらう理由でないと評価が低いものとなってしまいます。

ただ、薬剤師の転職する理由を聞かれたとしても理解してもらう答え方がわからない人も多いはずだと思います。

多くの人が、履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、この薬剤師の転職理由で悩むこととなります。

職業を変えたいと思ったときにより有利になれる資格として、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。

いままでの職歴を生かした薬剤師の転職を考えている方にもお勧めできる資格なのです。

社会保険労務士の資格を得ていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。

通常、薬剤師の転職する時、有利とされている資格の一つに中小企業診断士の資格があるでしょう。中小企業診断士となることで、経営知識が豊富であることを証明できるため、その会社にとって貴重な存在であると思ってもらうことができます。法律をよく知る行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、薬剤師の転職の大きな味方となるでしょう。

長時間労働が原因で辞めた時は「生産性の高い仕事が希望」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい環境で自分を高めたい」という表現にすれば受ける感じは悪くはないでしょう。

たとえ薬剤師の転職理由がネガティブなものも言い方によっては、肯定的なものになります。

履歴書を書くときに注意しなければならないのは、理想は150文字から200文字程度です。薬剤師の転職するなら、不動産業界にしようと考えているのなら、まず、宅建主任者の資格を取得されるのがおすすめです。

宅建主任者資格保持者でないと、合格通知がでない企業も見受けられます。その仕事内容によって必要とされる資格が違うので、薬剤師の転職前に、次の仕事内容にあった資格を取っておくことも良い方法だといえるかもしれません。まず、心から薬剤師の転職したいと思ったわけを思い出してください。

誰かに見せるためではないので、好きなようにノートに文字 Read the rest of this entry »

看護師が成長するために通る道

看護師の職場は人間関係が難しいと言います。
でも、実際のところ、働きやすい職場もあれば、人間関係がひどいところもあります。

また多少のいざこざもあります。
どこまでが人間関係が悪いという線引きもありません。

Read the rest of this entry »

鹿児島県で就職を考える

労働時間の長さが原因で辞めた時は「生産性の高い仕事が希望」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「新しい職場で成長したい」とすれば受ける感じは悪くはないでしょう。 Read the rest of this entry »

転職したいと考える時の選択

転職をしようかなと考えた場合、まずは非常に身近な存在の家族に相談する人が多いでしょう。所帯を持っている方なら、家族と話し合いをしないで職を変わるということは止めておくべきでしょう。

家族に内緒で転職してしまったら、このことが原因で離婚になる可能性も出てくることになります。

転職したいと思ったときに、仕事をきちんと探すためには、かなりの時間を費やしてしまいます。今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、転職活動に割くことのできる時間というのは少なくなるでしょう。そういう時、活用を考えてみてほしいのが転職情報を集めたサイトです。転職サイトでは会員登録することによって自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒に協力して転職先を考え、探してくれるでしょう。

長時間労働が原因で辞めた時は「より効率的な仕事を希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「環境を変え、新しい自分を発見したい」といいかえれば良いと思います。転職理由が否定的なものも表現によっては、肯定的なものになります。採用される履歴書の書き方は、150文字から200文字程度にするようにします。

Read the rest of this entry »

看護師の実態

全国の看護師年収は平均437万円程度です。

けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。

公務員看護師は給料UP率も民間病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。

Read the rest of this entry »

自分に合った職業に就きたい

みなさんは自分の理想のお仕事に就いていますか?
私はやりたい仕事に就いていません。世の中の大半の人は自分のやりたい仕事をしているのか?と聞かれたらノーというと思います。 Read the rest of this entry »

Bookmarks